Top >  ジュエリー・腕時計 >  マリッジリングのこだわり

マリッジリングのこだわり

マリッジリングだからこそ、ブランドの中のブランド、カルティエにこだわりたい、という人も多いことでしょう。
ビスモチーフのラブリングは定番ですが、最近は、艶のある鏡面仕上げとマットのコントラストが魅力のC2リングや、「愛、忠誠、友情」をデザインに込めたトリニティリングも、人気です。

結婚関連の指輪には名称がいくつもあって混乱しがちです。マリッジリングとは結婚指輪のことであり、エンゲージリングとは婚約指輪をあらわします。
ブライダルリングとは、マリッジリングエンゲージリングをあわせたものを意味しています。
またウェディングリングという呼び方もありますが、これはマリッジリングと同じく、結婚指輪のことです。

このマリッジリングは、二人の気持ちの象徴ということもあり、おそろいのデザインで、ということが多いです。
ただ、手や指の大きさでリング選びが大きく変わってくるのも確かです。
毎日身に付けるリングですから、できるだけデザインをそろえながらも、自分の手にあったものを選んでいくといいでしょう。

結婚式の大事な引き立て役ともいえるものに、リングピローがあります。
大切なマリッジリングを運ぶものですから、とことん気に入ったデザインを選びたいところです。
それに、お気に入りのデザインのリングピローだからこそ、普段使いしているリングの置き場としても最適です。

ジュエリー・腕時計

ジュエリー・腕時計

関連エントリー

マリッジリングのこだわり スワロフスキーつき腕時計