Top >  キッズ・ベビー・マタニティ >  幼児教育とは

幼児教育とは

幼児教育とは、本来は入学前の教育のことを指します。
学校教育の初等教育(小学校)より前の段階にある教育のことです。
ですが、幼児を対象とするおけいこや才能開発のことをさすことが多くなっています。

どうして、幼児教育がいいのでしょうか。
それは近年の脳の発達についての研究がすすみ、その仕組みがよくわかってきたからです。
早期に幼児教育をすることで、脳の伝達細胞であるシナプスがどんどん増えて、そのネットワークが強化されることがわかったからなのです。

ですから、幼児教育を始める年齢はどんどんエスカレートしてきて、すごいところでは生まれる前の胎教から始まっているという幼児教育法もあります。
なぜかと言うとお腹の中でも外的刺激によってシナプスが増えるからという説が根拠となっているからです。

だからといって、幼児教育での注意することは、決して「お勉強」にしないことです。
知識を与えるのではなく、「遊びを通して」自分から学び、生活していく力を身につける。それが本当の生きる力をつけていける幼児教育なのです。

キッズ・ベビー・マタニティ

キッズ・ベビー・マタニティ

関連エントリー

幼児教育とは