Top >  家電・AV・カメラ >  デジカメの選び方

デジカメの選び方

デジカメはレンズから入ってくる画像をCCDなどの撮像素子で検出し、電子データとして保存するカメラであり、画像の保存はフィルムではなく、SDメモリなどの半導体メモリが主に使われます。
液晶モニターがあり、撮影時や撮影後に画像を確認できます。

撮影後にすぐプリントして渡すこともデジカメなら可能です。
画像をパソコンで加工し年賀状やフォトアルバムも簡単に作成できます。
また液晶モニターを使うことで撮影ミスが少なくなり、不要な画像はメモリからすぐ削除できます。

気になるのが、人気デジカメの仕様と価格ですね。
人気機種の主な仕様は画素数600万画素以上、液晶画面2.5インチ、光学ズーム3倍以上などで実勢価格4万円前後が中心です。
手ぶれ防止、高感度(ISO 1600)、広角28mmなどの機能があるものが人気です。

最後に選ぶ時ののヒントを。
デジカメの画素数の目安は、200万画素あればA4サイズのプリントは十分綺麗です。
画素数が増えると、メモリも同様に大容量が必要になります。
同じ画素数なら、撮像素子の大きいものを選びましょう。
バッテリーの消耗も大きいので、長時間使用できるものを選ぶのがベターです。

家電・AV・カメラ

家電・AV・カメラ

関連エントリー

デジカメの選び方 iPodの人気の秘密