Top >  パソコン・周辺機器 >  パソコンウイルス

パソコンウイルス

パソコンのウイルスとは、パソコンユーザーが気が付かないうちにパソコンに侵入してくるプログラムのことです。
そして、ユーザーが気が付かないうちに悪意のあるプログラムを実行して、ユーザーの個人情報を盗み出したりデータを破壊したりします。

このパソコンのウイルスの怖さは、電子メールの受信やホームページの閲覧で勝手に感染してしまうことです。
感染した場合には、パソコンの処理速度が遅くなったり、プログラムがパソコンの中で増殖したり、他のパソコンに感染したメールを送りつけたりします。
最悪の事態では、データ消失、パソコン動作停止などもありえます。

PCウイルスの感染を防ぐには、パソコンウイルス感染防止プログラムをインストールしておくことが必要です。
新しいウイルスは、毎日のように開発され続けています。
ウイルス感染防止プログラムも常に新しいウイルスに対応するため頻繁に新しいデータプログラムを開発しており、両者の追いかけっこが常に行われています。

「プログラムのが突然遅くなった」というような場合は、パソコンにウイルスが感染している危険性があります。
直ちにインターネット接続を外してウイルス対策プログラムをインストールして駆除する必要があります。
例えば、「英語のタイトルのメール」など怪しいメールは、開封せずに削除して下さい。
開封するだけで感染するプログラムが仕組まれている場合があります。

パソコン・周辺機器

パソコン・周辺機器

関連エントリー

パソコンウイルス パソコンデータのバックアップ パソコン(PC)とは