Top >  パソコン・周辺機器 >  パソコンデータのバックアップ

パソコンデータのバックアップ

パソコンデータのバックアップはトラブルが起こってからでは手遅れです。
一度でもパソコンが壊れてデータが読めなくなった、操作を間違えて大切なファイルを削除したり上書きして消去してしまった経験のある人なら、すぐにでも定期的なバックアップの必要性を感じているはずです。

さて、パソコンデータのバックアップの媒体としては、データの量にもよりますが、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、MO、USBメモリーなどの記録メディア、インターネットディスクサービスなどがあります。
これらのどれかにデータをコピーしておくだけです。
またこれらのバックアップを簡単にするソフトなどもあります。

実際に一番手軽に手に入れることができて、利用者も多いCD-RとDVD-Rの大きな違いですが、それは保存できる容量です。
CD-Rには650MBと700MBのものがあり、文書などのデータであればかなりの量を保存できます。
またDVD-Rは4.7GBの容量があるので動画などのサイズの大きいファイルを保存するのに適しています。

ただし、CD-RやDVD-Rはデータの書き込まれた部分に少しでも傷が入ったりすると、読み込めなくなったりすることがあります。
ですが、ほとんどのパソコンで扱える記録媒体であり、持ち運びも簡単なので、本当のトラブルの時に困ることのないようにバックアップをするべきです。

パソコン・周辺機器

パソコン・周辺機器

関連エントリー

パソコンウイルス パソコンデータのバックアップ パソコン(PC)とは