Top >  スポーツ・アウトドア >  ジョギングの効果

ジョギングの効果

ジョギングは、言うまでもなくダイエット運動不足解消肉体改造のための脂肪燃焼運動としては、定番中の定番です。簡単に取り組めるし、道具もいらない。しかも、ひとりでできます。最近では、脂肪燃焼効果の高いアミノ酸飲料のCMでも、軽い運動の象徴として、ジョギングをしている姿がよく利用されまていますよね。

しかし、ジョギングは走り続けるのが大変だと思われがちです。でも、ある程度、フォームを意識すれば、長い距離を走り続ける事はそんなには、難しくないんです。まず、頭を上げ、しっかりと前を向き、へその下にしっかり重心をおき、背筋を伸ばします。しっかり腕を振りながら、かかとから着地し、足の裏全体をなめるように地面につけ、つま先で地面を蹴ります。いきなり、走るとフォームを意識しにくいばかりか、くずれやすくなるので、ウォーキングで、きれいなフォームを身につけてから走るようにするといいです。

さて、なぜジョギングは脂肪燃焼効果が高いのでしょうか。それはカラダを動かすエネルギー源として利用されるのは、動き始めは、起爆剤の役割をする糖分ですが、15分くらい経過すると体内の糖分が消費され、脂肪が燃焼されるから。脂肪燃焼は十分な酸素が体内に取り込まれることで起こるので、ジョギングなど十分な酸素を取り入れながら行なえる有酸素運動は、その脂肪燃焼効果が期待されるんですね。今、流行のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の原因である内臓脂肪は、運動をすれば、燃焼されるので、その対策にも持ってこいという訳です。

おしまいに、ジョギングの注意点としては、わりと長い時間、走り続けるため、きちんとしたフォームで続けないと、膝や腰への負担がかかってしまうことを気をつけて下さい。そのためにも、フォームを意識することはもちろん、足腰の筋力トレーニングや、足腰への負担を軽減する腹筋や背筋と合わせておこなえば、太りにくいカラダを作る筋肉がしっかりするので、ジョギングの際のきつさも軽減されます。しっかり筋トレもして、ジョギングを楽しみましょう。

スポーツ・アウトドア

スポーツ・アウトドア

関連エントリー

ジョギングの効果